2009年02月01日

誰も守ってくれない

☆☆☆☆☆
監督:君塚良一
出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、石田ゆり子、柳葉敏郎、佐野史郎、木村佳乃


犯罪加害者の家族がマスコミを始め世間の好奇の目そしていわれなき批難の的になり、逃げなければならない。本来犯罪者を逮捕し、被害者を守るべき警察は、「加害者の家族」を守らなければならない。一見矛盾するような任務に批難は警察にも。

このテーマをまじめにとりあげた映画だ。

そしてその取り上げ方は現実的であり決して奇をてらったものではない。それでいてドラマとしてありふれた手法は採用していない。ありふれたヒューマニズムやメロドラマではないリアルな人間の感情のぶつかり合い。エゴイズムと言われようと公平じゃないと言われようと仕方がない。人が生きるために、そして自分自身を守るために必死に生きているのであれば、そうした感情は抑えられないのだ。それを偽善的に描くようなことをせず、自然な行動を描くすごさがある。







例えば、守る刑事役の佐藤浩市。家族と別居することになり離婚の危機にある。でも家族との絆をとりもどそうとしている時に、少女の保護のため休暇もフイにすることになる。常にそのことが背景にある。

時間が経過して保護されている少女がその家族の存在を知り、刑事も家族を犠牲にしていることを知り、なんとか絆をとりもどそうとしていることを知る。

ありきたりのドラマの流れなら、刑事が自分の家族を犠牲にしてまで自分を守ろうとしていることに感謝の気持ちを抱くようになるのだが、この映画では違った。少女の家族がばらばらになっていくのを助けもせず、自分の家族のことを考えるなんてと批難するのだ。そんな酷いいいざまはないだろうと思うが、その子の立場になってみればそんな感情が出てきても仕方がない。

少女(志田未来)は、刑事達に心を閉ざしている。警察と関係ない協力してくれている一般人にさえ心を閉ざしている。助ける義務がなく親切で助けてくれているのに反抗するなんて、決して誉められた態度ではない。しかしそうしないと彼女の心は耐えられないのだ。主人公だからといって決していいように描かない。自然にありのままに描いている。

かつて刑事のミスで子供を殺されてしまった夫婦(石田ゆり子、柳葉敏郎)が登場する。このふたりがまたすごい。子供を失ったことを受け入れられないがそれでもふさぎ込む感情に負けないで精一杯生きようとする。毎年線香をあげにくる刑事にも感謝の言葉を述べる。だが、感情を抑えきれなくなったとき、きれいごとではない怒りが込み上げてくる。表面上いろいろなことを言っているが本心がどれなのかは見ていてもわからない。だがそれが本当だろう。理性ではわかっていても決して感情を抑えることはできない。複雑な心持ちを一生抱えて生きて行くしかないのだ。静かな笑顔の裏に隠されている複雑な感情。見事に演じている。

新聞記者(佐々木蔵之介)もまたすごい。実際にはほとんど活躍しないのだが、重要な役回りだ。予告編でも見られるように、人権なんて気にしないで報道することだけを考えているように行動してまたそのように発言している。だがそれが真実なのかはわからない。そぜならインターネットで広がった悪意の報道は、新聞記者の扇動的報道や情報収集活動をひとまわりもふたまわりも上を行って暴走しはじめる。記者はただそれを追いかけるだけで何もできない。何もできないで置き去りにされているところがまさに観客と重なるのだ。

観客も犯罪加害者(やその家族)の人権が保護されるべきだと報道で聞く時に、違和感を感じる人もいるはずだ。被害者(やその家族)の人権と加害者側でどちらを大事にしているんだと。だが、そのような人でも違和感を超え、単なる怒りを超えた制御の聞かない濁流が巨大な波となって広がることを呆然となり時に飲み込まれる思いになるはずだ。いいも悪いもない。言いようのない恐怖を感じるはずだ。

現実をありのままに自然にとらえた問題作と言っていいと思う。

あ、刑事の後輩刑事役の松田龍平。今まで見たどの役よりも最もはまっていたのじゃないだろうか?すごくいいと思う。


公式サイト:
http://www.dare-mamo.jp/
関連サイト:
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20782/
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=8843
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD13322/
http://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo6078/
http://www.eigaseikatu.com/title/23624/
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id330419/
http://eiga.com/movie/53118








ラベル:☆☆☆☆☆
posted by jmovie at 00:57 | TrackBack(1) | 邦画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

志田未来 ブログ
Excerpt: 志田未来って 誰も 女の子が一人で元に戻そう誰も守ってくれない 声をかけてみた。 日本ではNHKの「氷壁」とかに使われてたみたいだけど。 柄 チェック 単純に言うと、マスコミとか、ネットとか、そうい..
Weblog: 今日の採れたて最新ニュースダイジェスト
Tracked: 2009-02-01 11:33
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村