2016年02月09日

ブラック・スキャンダル


☆☆☆ーー



ボストン南地区のギャングのボスであるジミーの冷酷さが見所。自分を裏切った者は絶対に容赦しない。自らの手で即座に殺してしまう。彼が幼なじみのFBI捜査官と手を組みライバルのマフィア組織をつぶしてボストンでの大立者となる。

映画ではFBI捜査官とギャングのボスの協定となっているが、結果を見ると単にギャングに買収されたFBI捜査官たちという風にしか見えない。一方的にジミーが得をしていて確かにマフィアはつぶせたがそれは双方の利益。ジミーはなんの足かせもなく稼ぎの場を広げ続けた。

それも野放しにされすぎた結果、目立ってしまい一夜のうちに瓦解してしまう。

ジョニー・デップ演じるギャングスターの感情的ではないが強烈な印象を残す行動が、個性的なギャング映画として見ものだった。アイリッシュ系移民の子孫として酒や女におぼれるのではなく、IRA支援を生きがいとしていたという部分も個性的。
彼を恐れて何も語らなかった悪人達が不利な状況になったとたん、雪崩を打ったように次々と暴露する側に回る演出もあって一夜にして没落した感があり犯罪者としてではなく一個人としての同情を感じてしまう。

https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/
http://eiga.com/movie/81638/

監督:スコット・クーパー
出演:ジョニー・デップ(ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー)、ジョエル・エドガートン(ジョン・コノリー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ビリー・バルジャー)



原題 Black Mass
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 123分
映倫区分 R15+


posted by jmovie at 19:42 | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村