2016年02月11日

エージェント・ウルトラ

☆☆ーーー



情緒的なシーンが多くテンポがわるい。薬中でコンビニ店員のダメ男が主人公だけど、ポップにとんだ感じではなくて真面目に出来が悪い。でも真摯に生きている感じで"ダメ"っぷりと超人的な活躍の落差を楽しむこともない。戦いっぷりがかなり泥臭く、ウルトラの美技で驚かせる場面はほぼ予告編で出尽くしている。

つまり予告編最強な映画。

敵=CIAが強ければいいけど、事務職のボスが組織を把握できずただやられるだけで敵も強くない。主人公もそんなに強くないし、相手も強くないとなれば面白くなるわけがない。

アイディアはよかったが、実装がわかっていない。

結局、能力はないけど人間的に魅力的な人物に人生を棒に振って愛を捧げたラブロマンスなのに、エージェント部分を強調したためにターゲットと違う層にアピールしてしまった失敗作。馬鹿だけどオバカではないのはまったくの期待外れ。

もっと純愛路線で攻めればよかったかもしれない。


http://agent-ultra.jp/
http://eiga.com/movie/80332/

監督:ニマ・ヌリザデ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ(マイク・ハウエル)、クリステン・スチュワート(フィービー・ラーソン)、トファー・グレイス(エイドリアン・イェーツ)、コニー・ブリットン(ビクトリア・ラセター)




原題 American Ultra
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 KADOKAWA
上映時間 96分
映倫区分 R15+







posted by jmovie at 19:51 | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村