2016年03月10日

オートマタ


☆☆☆ーー



アフターワールドもの。人工知能もの。太陽活動の異常により地球が荒廃し人類が滅亡寸前にある時代。少数の人間が壁に囲まれた小さな都市に集住。労働力の不足を補うため、開発されたロボット。主人公はそのロボットの保険調査員の男。

『ブレードランナー』『猿の惑星』『AI』など過去の作品とテーマ的に重なる部分がある。とくに酸性雨の降り注ぐ暗いスラムのような都市を調査員が徘徊する姿はブレードランナーを彷彿とさせる。

やや暗いデザスター的なテーマで、しかも洗練さのかけらもない無骨な労働ロボットたちが静かに歩く様は、最近の流麗でCGによるなめらかな美しさを持つ近未来SFとはやや切り離された時代の作品のようにも映る。汚染の進むすさんだ町での生活に見切りをつけ、主人公は子供の頃の思い出のある海岸地方への転勤を願う。

そのとき調査を依頼されたのが刑事がロボットを"射殺"した事件。刑事はそのロボットが、プロトコルで禁止された「自己修復」を行っていたと主張する。そのプロトコルは絶対に破ることができない暗号化処理をほどこされているはず。操作をする中で、人類を滅亡に追いやる可能性のあるロボットの中に人間性を見つけつつ、既成の価値観を捨てられない主人公。一方、ロボットを破壊することになんの躊躇もない人間たち。その傍若無人さに戸惑いも感じる。

もうすぐ生まれてくる赤ん坊の存在が主人公に何かを感じさせる重要なかけらとなっている。

主人公を演じるのはアントニオ・バンデラス。ただ疲れた保険調査員でくたびれた服を着、やや禿げかけたむさ苦しい頭髪などだったので、最初見たことがあるはずだけど誰だったっけ?と考え込んでしまったほど。アクションも派手さがなくアントニオ・バンデラスらしさはない。

ロボットたちには自己防衛本能が組み込まれているのかどうか、矛盾した行動をとっているように見えてその点が一番の不満。都市から、あるいは人間から逃れようとする一方、銃を向けられてもまったく無抵抗で逃げようとさえしない。ちゃんと合理的な説明がないので釈然とせず、もっと別の行動があり別のストーリーが展開されていたはずと思うと納得できない。

そして地球の次を担う物。人間の奴隷として生まれたものではないから、あれも必要ない。これも必要ないというのはわかるが、あの姿が完全体とは思えない。もう少し完全体である描写と、それに見合う外見が欲しかった。


http://automata-movie.jp/
http://eiga.com/movie/80130/

監督:ガベ・イバニェス
出演:アントニオ・バンデラス(ジャック・ボーガン)、ビアギッテ・ヨート・スレンセン(レイチェル・ボーガン)、メラニー・グリフィス(デュプレ)、ディラン・マクダーモット(ウォレス)、ロバート・フォスター(ロバート・ボールド)


原題 Automata
製作年 2013年
製作国 スペイン・ブルガリア合作
配給 松竹
上映時間 109分






posted by jmovie at 22:13 | TrackBack(0) | 洋画・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村