2017年01月18日

日本インターネット映画大賞2016年度投票・日本映画/外国映画

今年も日本インターネット映画大賞に投票する。

日本映画

【作品賞】
「シン・ゴジラ」    8点
「殿、利息でござる!」   3点
「俳優 亀岡拓次」   2点
「二重生活」   1点
「シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース」   1点
【コメント】
邦画では見たい作品が数少ない残念な一年だった。が、ゴジラのすごさが1年分の映画を観ただけの価値のあるものだった。非常に濃縮された作品で、政治や科学や未知なるものに立ち向かう人間の団結力、自然の驚異が詰まっている。ミステリー、SF、政治劇、アクションものパニックもの、戦争多くの作品の要素が詰まっている。一瞬たりとも目が離せない迫力と興味を引きつけるドラマ。リメイクされたゴジラはどれもどこかに不満があったがこれにはなかった。事前にリークされたゴジラの造詣や最初に登場した進化前の形態などには違和感を覚えたが、ドラマが進むにつれこれしかないと感じるようになった。まさに完璧。

【監督賞】          
   [庵野秀明]
【コメント】
「シン・ゴジラ」の演出がすごいのが総監督・庵野秀明の功績なのか、監督・樋口真嗣の功績なのか判断できないので、今回はより上位と思われる総監督を監督賞に推すことにする。一人の頭の中でこれだけの作り込みができるとは思えない。が多くのスタッフの意識をまとめて方向性をつけただけでも大いなる仕事と思う。

【最優秀男優賞】
   [安田顕]
【コメント】
「俳優 亀岡拓次」の演技で、途中からこの作品の中堅俳優・亀岡拓次としての演技なのか、俳優・安田顕のドキュメンタリーなのか区別が付かなくなってきてしまった。映画の中の登場人物がそのまま生身の人間のように感じる。ユーモアがあって、ちょっと抜けていて、それほど情熱的ではないのにやるときはやる。でもうまくいかなかったり、思わぬところが評価されたり。自然な存在感がよかった。

【最優秀女優賞】
   [竹内結子]
【コメント】
「残穢 住んではいけない部屋」「クリーピー 偽りの隣人」とたまたまミステリー仕立ての作品の暗い主人公を演じていた。どちらも余計の力の入っていない自然体な演技がよかった。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [門脇麦]
【コメント】
「二重生活」の主演。既に多くの作品での出演経験があるようなのだが、私が主役級の出演で見るのは恐らくこれが初めて。地味な女子大生が、ある人物の尾行をするうちにその人物達の生活にのめり込んで行ってしまう。必死さと不器用さがありながら魅力的な人物に見えた。最後にはしたたかな面も現れ色々な表情がうかがえる。

【音楽賞】
  「シン・ゴジラ」
【コメント】
過去のゴジラ作品の思い出ももちろん加味されているだろうし、他の庵野映画の音楽の使い方の印象も加わっているだろう。それも含めて、どの場面でもその場面にぴったりのBGMが流れ、場面場面での気持ちを盛り上げる。ゴジラ登場シーンも最後の決戦シーンも、すべてわくわくはらはらさせる音楽の使い方は感動的だった。

-----------------------------------------------------------------

外国映画

【作品賞】
1位  「ヘイトフル・エイト」
2位  「パディントン」
3位  「孤独のススメ」
4位  「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
5位  「高慢と偏見とゾンビ」
【コメント】

【監督賞】          
   [クエンティン・タランティーノ]
【コメント】
「ヘイトフル・エイト」のだましあいの複雑なドラマ。冒頭からドラマに引き込まれて、あっという間に最後まで。小屋の中の暖かな場面での冷たい心理戦と、外の寒々とした雪の世界での激しいやりとりと見所も多かった。

【最優秀男優賞】
   [マット・デイモン]
【コメント】
「オデッセイ」でほぼ映画のほとんどを独りで演じる。誰かとの対話で感情を表現するのではなく、終始独白でドラマが進む。見事に感情移入できた。

【最優秀女優賞】
   [メリル・ストリープ]
【コメント】
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」で、周りの人間に守られて奔放に生きる女性役を演じる。実際にはただ自由に生きるお金持ちではなく、暗い過去を持つ。が、それをまったく感じさせないし、やりたいことをやる行動力もある。老け役でも朗らかな魅力ある人物を演じている。

【ニューフェイスブレイク賞】
   (なし)
【コメント】

【音楽賞】
  「ヘイトフル・エイト」
【コメント】
西部劇のワクワクする印象をニュースタイルのドラマでも感じられた。よかった。

-----------------------------------------------------------------

【私(ユーザー名)が選ぶ○×賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

ラベル:映画賞
posted by jmovie at 23:05 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

2015年度日本インターネット映画大賞日本映画部門ブログ投票

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「駆込み女と駆出し男」    10点
  「エイプリルフールズ」    8点
  「予告犯」    7点
  「シネマ歌舞伎 二人藤娘/日本振袖始」    3点
  「寄生獣 完結編」    2点
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [中村義洋] (「予告犯」)
【コメント】
巧妙なトリックスターの犯罪者集団ながら観客の好意を獲得する情緒的描写。一方それを追いかける捜査陣にも正当性を与え色々な見方ができる作品に仕上げている。緊迫感のある追いかけっこで、飽きさせることなく最後まで引っ張ってくれた。

【主演男優賞】
   [大泉洋] (「駆込み女と駆出し男」)
【コメント】
きまじめだがちょっととぼけた戯作者志望の医師見習いというふわふわしたつかみ所のない人物を好演。二枚目でも三枚目でもない個性的で魅力的な人物を演じる俳優としてなくてはならない。

【主演女優賞】
   [戸田恵梨香] (「エイプリルフールズ」)
【コメント】
気がついたら作品賞にあげた5本中3本に主要キャストとして出演していた。単に美人と言うだけでなく、ここ数年は演技の幅が広がっている印象。本作も引きこもりで偏愛の個性的な人物を演じながらコミカルな面も見せている。ともすれば不快感を与えがちな異常人格者も魅力的にみせるのはならでは。

【助演男優賞】
   [阿部サダヲ] (「寄生獣 完結編」)
【コメント】
声だけの出演で、しかも実在しない生物の役。なのに生き生きとその生物がほんとうにそこに存在しているように演じていた。というか本当に存在していて欲しい。めっちゃ冷酷で恐ろしい生物なのに実に愛らしい存在。

【助演女優賞】
   [戸田恵梨香] (「駆込み女と駆出し男」)
【コメント】
朴訥で頑迷。辛い人生を辛抱強く生きてきたがそれでもおずおずと幸せになろうとする女性を実在感を持って演じた。本当になんでもできる役者さんだ。

【ニューフェイスブレイク賞】
【音楽賞】
【私が選ぶ○×賞】
   棄権

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
posted by jmovie at 19:11 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年度日本インターネット映画大賞外国映画部門投票

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「チャッピー」    5点
  「黄金のアデーレ 名画の帰還」    5点
  「おみおくりの作法」    4点
  「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」    4点
  「シグナル」    3点
  「フォックスキャッチャー」    3点
  「ミュータント・タートルズ」    3点
  「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」    1点
  「ターミネーター 新起動 ジェニシス」    1点
  「ジュラシック・ワールド」    1点
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ニール・ブロムカンプ] (「チャッピー」)
【コメント】
ロボット映画でロボットが人格を持つと言うだけなら良くある話だが、生まれたばかりの子供のように純粋な人工知能が親のように慕う相手が犯罪者として深い人間性を感じさせてくれる。誰であっても回りの環境に影響されるし、誰かに褒めて欲しい。その中で自分のやっていることが善なのかどうか苦悩する。古くから存在する人間性を、未来的アイテムを使いそれでいて舞台は荒廃した現代社会そのまま。独創的な映画を次々生み出してくれていて今後も期待大。

【主演男優賞】
   [マイケル・キートン] (「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
【コメント】
やや落ちぶれて精神的に不安定な様子がしっくりきた。

【主演女優賞】
   [ヘレン・ミレン] (「黄金のアデーレ 名画の帰還」)
【コメント】
気品ある老女の毅然とした姿を見せてくれた。

【助演男優賞】
   [シルベスター・スタローン] (「クリード チャンプを継ぐ男」)
【コメント】

【助演女優賞】
   [ヨーランディ・ビッサー] (「チャッピー」)
【コメント】
犯罪者の女として生きてきて始めた感じた母性を注ぎ込む姿は姿形ではない女性らしさを感じさせた。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ヨーランディ・ビッサー] (「チャッピー」)
【コメント】
個性的女性。どこまでが演技でどこまでが本人の性格かわからないが別の作品でも観てみたい。

【音楽賞】
【私が選ぶ○×賞】
棄権

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
ラベル:映画賞
posted by jmovie at 18:25 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

第18回(2013年)日本インターネット映画大賞投票【日本映画部門】

http://www.movieawards.jp/blog/?p=65

【作品賞】(3本以上10本まで)
「みなさん、さようなら」    8点
「相棒シリーズX Day」    7点
「船を編む」    5点
「清須会議」    4点
「武士の献立」   3点
「永遠の0」   2点
「謎解きはディナーのあとで」    1点
【コメント】
メジャー作品でも単館系作品でも面白い作品があり、シリーズ作品以外でも良質なドラマがあった一年。特に近年『武士の献立』や『清須会議』のような従来と違う時代劇のヒット作が多いのがうれしい。日本でしか作る事ができないこういう作品が増えて、ますますオリジナリティあふれる時代劇が観られるようになると期待している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
【監督賞】              作品名
[山崎貴] (「永遠の0」)
【コメント】
特撮パート、現代、戦時中とテイストの違う映像が違和感なく繋がっている。作品が進むに連れての孫の表情が変わっていく姿も

【主演男優賞】
[濱田岳] (「みなさん、さようなら」)
【コメント】
中学生から成人まで幅広い年代を違和感なく演じられるすごさ。むしろキャスティングの妙かも。

【主演女優賞】
[上戸彩] (「武士の献立」)
【コメント】
男を立てる女と言う現代ではあまりない女性の役割でありながら、決して自分を殺しているわけではない主役級の存在感もある。可愛らしさ強さ優しさ奥ゆかしさなど時代劇の妻演者に求められるすべてを表現できている。

【助演男優賞】
[役所広司] (「清須会議」)
【コメント】
映画ではあまり見せない道化的役割がしっくりきていて、主役の大泉との対比もよかった。

【助演女優賞】
[波瑠] (「みなさん、さようなら」)
【コメント】
中学生のすっぴん風から化粧をした大人の女性まで隣の幼馴染だけど恋をする相手ではないという微妙な位置を演じていた。

【ニューフェイスブレイク賞】
[平岡拓真] (「中学生円山」)
【コメント】
ちょっと妙な少年役だけど、臆せずなりきっていたのがよかった。

【音楽賞】
「           」
【コメント】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–

【私が選ぶ○×賞】
[           ] (「        」)
「           」
【コメント】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
posted by jmovie at 23:03 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第18回(2013年)日本インターネット映画大賞投票【外国映画部門】

http://www.movieawards.jp/blog/?p=67

【作品賞】(3本以上10本まで)
「ゼロ・グラビティ」    8点
「ゼロ・ダーク・サーティ」    5点
「ローン・レンジャー」    4点
「パシフィック・リム」    4点
「キャプテン・フィリップス」    3点
「96時間リベンジ」    2点
「もうひとりのシェイクスピア」    1点
「ルビー・スパークス」    1点
「ミッドナイト・ガイズ」    1点
「鑑定士と顔のない依頼人」    1点
【コメント】
SF作品で圧倒的な傑作があった。『ゼロ・グラビティ』はこれほどリアリティがあり、これほど恐怖を感じる宇宙の描写はかつてなかった。少ない登場人物なのに濃度がたかくまったく飽きずに見入ってしまった。『パシフィック・リム』はまったく逆に盛りだくさんのないようだがこれまた時間を忘れて過ごせた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–

【監督賞】              作品名
[ギレルモ・デル・トロ] (「パシフィック・リム」)
【コメント】
とにかく好きな事をやったんだなぁというロボットものの夢が詰まった作品が観られた事がすばらしい。

【主演男優賞】
[ジョニー・デップ] (「ローン・レンジャー」)
【コメント】
こんな人物を想像する事すら難しい。本当に呪術を使えるのか、でも嘘なのじゃないかという疑惑を観客に思わせる不思議な人。

【主演女優賞】
[ジェシカ・チャステイン] (「ゼロ・ダーク・サーティ」)
【コメント】

【助演男優賞】
[ジョージ・クルーニー] (「ゼロ・グラビティ」)
【コメント】

【助演女優賞】
[ゾーイ・カザン] (「ルビー・スパークス」)
【コメント】
存在するのか存在しないのか、不思議な少女を演じた。

【ニューフェイスブレイク賞】
[           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
「           」
【コメント】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–

【私が選ぶ○×賞】
[           ] (「        」)
「           」
【コメント】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
posted by jmovie at 23:01 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村