2016年02月07日

ヘリオス 赤い諜報戦


☆☆☆ーー



韓国軍から奪われた核兵器が香港でテロリストに売られるという情報を入手して韓国と香港警察が合同して捜査することになる。

香港を舞台に香港警察、韓国軍、本土政府、テロリストなどが入り乱れて核兵器を奪い合う。激しいアクションと同時に組織間の確執など政治戦もあり息つく暇がない。アクションシーン以外でも緊迫感のある場面が続く。くだらない過去の思い出話とか恋愛話などがないのがよい。最初から最後まで張り詰めたアクション映画らしいアクション映画。

香港舞台だがカンフーアクションのような軽快なスタイルの格闘技ではなく、重い蹴りや車などへの激しい激突などリアルなアクションの連続で本当に痛そう。カーアクション、ガンファイトも一撃一撃が壮絶。

ただテロリスト側の関係が複雑で誰が誰の命令で動き、誰が仲間で信頼関係があるのかわからない。だから終盤のどんでん返しもたいして驚きではない。むしろそのネタばらしをするための伏線がありふれていすぎて、初めからわかっているのだがそれがどこに効いているかわからないほど。

ただ主役と思っていた人物がそうではなかったので意外性があり衝撃だった。中国が製作国だったのね。だからなんか中国が悪役っぽく描かれていなかったのか。

日本もちょっとだけ登場。
続きを読む
posted by jmovie at 19:48 | TrackBack(0) | アジア・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

スペシャルID 特殊身分

☆☆ーーー



香港映画は潜入捜査官好きですね。それだけやくざの雰囲気や肉弾戦アクションに見所がある、製作者も得意な分野なんだと思います。

冒頭のボディコンタクト系のアクションがすごくよかったので期待したのだけど、あとはあんまりぱっとしなかった。主人公の潜入捜査官が母親孝行だって点で、めっちゃ悪い外見にもかかわらず正義感が強く、警官への子供っぽい憧れを持っている点が独創的なくらい。

ひどいのが、主人公と共同捜査をする女性警察官との関係。ステレオタイプなラブコメ設定そのままに、テンプレート通りのケンカ仲。独創性もなにもない。ただただ口喧嘩すれば、相克場面になるだろうという数十年前の少女漫画でしか通用しない。考える気がないなら全部省略すればいいのに。

アクションシーンとラブコメシーンがぶっつりと分断され、かなりシリアスに展開するやくざの抗争。突如別のドラマのフィルムが挟まったかと思うほど場違いなラブコメシーン。時々しんみりした母親との会話。

不得手な場面でもアクション以外の色々な要素を詰め込もうとして台無しになってしまった。

それでもアクションシーンに見るべき物は多い。殺し屋の空中戦シーン。思わず身を乗り出しそうになる迫力。女刑事のカーアクションシーンも一歩間違えば大けがでハラハラし通し。ラブコメシーン全カットならもっと面白く見れたのに。

ちなみに女刑事(ジン・ティエン)は可愛らしく、あんな華奢な体なら少々のパンチやキックがヒットしてもダメージは小さそうだなあと思ったけど、まあ映画だからあんまりガッツリした体格の女刑事ではラブコメにならないし仕方ない。主演の俳優より敵役のほうが断然男前だったけど、アクションでは主演のほうが上なんだろうなあ。体つきもすごかった。

http://www.specialid.ayapro.ne.jp/
監督:クラレンス・フォク
アクション監督:ドニー・イェン
出演:ドニー・イェン(ロン)、アンディ・オン(サニー)、ロナルド・チェン、コリン・チョウ、ジン・ティエン(ファン・ジン)



posted by jmovie at 01:34 | TrackBack(1) | アジア・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

コードネーム:ジャッカル

ーーーーー

韓国映画はいつまでこんなくだらない映画を作るつもりなんだろう?スターが出ていれば中身はなんでもいいのか?

コメディにするつもりなんだったら笑えるようにしてほしい。ただ間抜けな人物を登場させるだけでは到底笑えない。バカや異常な行動をする人物が普通でないだけで面白いと思っているんだろうか?

せっかくのドラマが台無しになって、見るに耐えない。とにかく韓国人のユーモアセンスに付合いきれない。

有名人の殺人を請け負うジャッカルという殺し屋。人気の映画スターが、彼に狙われるが、別の女性に誘拐されてしまう。

http://jackal-movie.com/
posted by jmovie at 23:38 | TrackBack(0) | アジア・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

捜査官X

☆☆☆☆ー

強い。めちゃくちゃ強い。本当に強い戦士は、自分が強いことに気がつかせない。剣で切られても傷つくこともなく、武器を使わずに一撃で人を殺すことも可能。

最強の戦士同士が戦ったらどうなるのか?普通の映画なら、主役級同士の戦いはどっちもやられるわけにいかないから全然強さが伝わらない、社交ダンスのようになる。が、ここではまさに死闘。力と力のぶつかり合いが伝わる。

最高の武闘映画だ。

話は地方の村で起こった殺人事件。平凡な事件に思われたが、都会から派遣されて来た捜査官は納得がいかず徹底的な調査を続ける。わずかな痕跡やほんの少しの疑問から徐々に事件の真相に近づく。

捜査官は極めて優秀では有るが、わずかな不正も許せない男。そのため人間関係に問題が生じる程。その彼が犯罪とどう向き合うべきかを考え直すことになる。

また捜査官は体が弱く、自らの体をつぼ治療によって維持している不思議な設定。それがまた戦いにも関わってくる。
続きを読む
posted by jmovie at 00:09 | TrackBack(0) | アジア・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

第7鉱区

☆ーーーー

主役の女性のアクションがとにかく押し付けがましくて鼻につく。大げさで不自然で歌舞伎役者が見栄を切っているんじゃないからアクションはもっと自然でスピード感があって力強くかつ独自性があればいいのであって、わざとらしい過剰な演出は作為的で映画のリアリティが失われてしまう。やめてほしい。

さらになんだかんだ人に文句をつけるわりに、危難に遭遇したとたんパニックに陥り泣きわめくだけでなんら対応しないのは人間性に大いに問題あるし、設定としてもどうだろうか?

主役が嫌悪する上司がいざというときに仲間を見捨てる卑劣な行動をするのだが、主役自身も同じように見捨てて見殺しにしてしまってはその部分がひきたつこともない。

へんてこりんな顔の登場人物やありきたりのおふざけで笑えないギャグをはさんでユーモアのつもりだろうか?

あらゆる点でいい加減。
続きを読む
posted by jmovie at 21:04 | TrackBack(0) | アジア・アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村